パピヨン姉妹 マロンとこむぎの日常
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロンが来る前のこと
2009年05月26日 (火) | 編集 |
これからポツポツ「マロンが我が家に来た頃の話」を書いていこうかなと思っています。
おつきあいいただけるとうれしいです。

それでは

私の実家には2007年の1月までにゃんこがいました。
もちろん、私が家を出るまでは一緒に暮らしていた大切なにゃんこです。

051210.jpg
名前はペケ♀

夫の実家でもにゃんこを飼っているし、
マイホームを持ったあかつきには、
うちでもにゃんこが飼えたらなと漠然と思っていました。

しかし、夫は家具をだめにされるとかで消極的だし、
私もペケが高齢なので
他のにゃんこの匂いをつけて帰省するのはストレスになるかな?と思い、
うちでにゃんこを飼うことは控えていたのです。


実は、わたしにはワンコ飼いたい願望というものもありまして、
密かに妄想をする毎日を過ごしておりました。

どうせなら気のやさしい子がいい!
一緒に運動できる子がいい!
レトリバーとかどうかな?
川とかキャンプとか一緒に行けちゃうよね。
(キャンプとかしたことないけど・・・^_^;)

ゴールデンレトリバーだったらビーニィ、
黒のラブラドールだったらビーノって名付けたいな!

注※ビーニィ・ビーノはその当時好きだった俳優からつけられたもの
   ちなみに英国俳優ショーン・ビーン(汗)知ってる人いる?


と妄想は広がるばかり。

ネットでブリーダーさんのHPを見たり、
レトリバーという犬種の特性を勉強したり、
いい子がいたら即飼います!みたいな状況になっておりました。
私の中では・・・。

でも、自分では決して認めませんが、
どうやら「ワンコ嫌い」なよっしー。
どう説得するかが問題でした。
ためしに「猫がだめなら犬ならいい?室内飼いの犬を飼いたい!」と言ってみるも
「飼えば~」と軽く流されて終わり(泣)

半分諦めていた2007年8月。
運命の出会いが待っていたのです!

<続く>


ここはパピヨンブログです(笑)


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。